本に関して 142024年04月17日

『ガルガンチュア物語』と『美女と野獣』が、同じ巻に収められていた。
……ま、それだけの事だが。




「ペール・ギュント」冒頭2024年04月17日

ヘンリク・イプセン『ペール・ギュント』(楠山正雄訳)。


第一幕

    オーセの住居の背戸に近く広葉樹に覆われた傾斜地。一筋の小川が下へと流れている。その流の末に古い水車がかかっている。暑い夏の日の昼。
    ペール・ギュント、二十歳、屈強の男子、坂をおりて来る。その母親オーセ、小柄なきゃしゃ造り、何か腹を立てて小言をいいながら、続いておりて来る。


オーセ  嘘だよ、ペール。
ペール・ギュン  (立ち止まることなしに)ううん、ううん、嘘なんかつくもんか。
オーセ  そんなら誓うか、ほんとうだと。
ペール・ギュン  なんだって誓うのだ。
オーセ  ふん、それ見ろ、誓えまい。てんから嘘にきまっているのだ。
ペール・ギュント  (立ち止まる)だってほんとうだもの――誓えなら誓うよ。
オーセ  (彼と向い合って)全体よくもぬくぬくと恥ずかしそうにもしないなあ。もうまる一週間もうちをあけてよ。それも草取りでいそがしい真っ最中に、ふらふらと遠方まで馴鹿(トナカイ)狩りに行くといって出掛けてしまって、えいやっと戻って来たと思うと、いやもうそぼろな姿で、鉄砲はなくすし、一疋だって獲物はなし――あげくにもって行って、しらじらしい、真っ昼間、とほうもない大猟の嘘話で、おっかさんをだまそうとかかっている。じゃあまあ一体どこでそれに出会ったというのだい。
ペール・ギュント  イェンディンの左手でよ。
オーセ  (嘲るように笑う)おや、そうかい。

(後略)



・追記。
原文は、韻文との事。
驚いたのは、ペールの年齢である。子供の頃読んだ本では「少年」となっていた。まさか「二十歳」とは。

続・地球に関して 262024年04月17日

アシモフは、既に「皆既日蝕の見え方」をネタにした短篇ミステリーを書いていた。

短篇集『黒後家蜘蛛の会 3(Casebook of the Black Widowers)』(1980年)所収の「かえりみすれば(The Backward Look)」。

さすがにアシモフ博士、いやはや、おそれ入谷の鬼子母神である。

宮沢賢治「オツベルと象」に関して2024年04月17日

「オツベル(Otsuberu)」だっかのか!

子供の頃から「オッペル(Opperu)」と思っていた。

1967年刊。新字新仮名。「オッペル」(小学生で読んだ本)。




1954年刊。旧字旧仮名。「オツペル」(父の蔵書)。




・追記(20日)。

個人的な語感としては、「オッベル(Obberu)」の蓋然性が高いような気もする。
いずれにせよ、固有名詞の発音は難しい(実在・架空問わず)。

地球に関して 272024年04月16日

以前述べた、『ラ・プラタの博物学者(The Naturalist in la Plata)』(1892年)は、全訳がある。





それにしても、いくら子供の頃に抄訳を読んだきりとは言え、我ながら覚えているのが「スカンク」だけって……。


・余談(17日)。

先日、数十年振りに「カモノハシ」を言う語を耳にした。

「卵生の哺乳類」と言う事は、小学校で教わったと思う。風貌も相俟って記憶に残っていた。
「ハシビロコウ」と言う鳥を初めて見た時、なぜかこの生物を思い出した。